職場で20代が自分だけ!おじさんおばさんばかりで辛い?メリット・デメリットを徹底解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
記事のまとめ

もはや超高齢化社会の日本の縮図!? 職場で20代は自分だけ!

同世代がいる職場に憧れて転職するのはあり?なし?

そんなおじさんおばさんばかりの職場で働く人に向けて本記事では、

20代が自分だけの職場で働くメリット・デメリットいますぐ転職すべきケースを紹介。

超高齢化社会をひたすら走り続ける日本。

当然ながら若手がいない職場も増えています。

  • 配属された部署の新人は1人だけ
  • 一つ上の先輩は50代
  • 自分以外は全員40代、50代

20代は自分だけ、周りはおじさんおばさんばかりの環境で働いていると

  • 細かい雑用はすべて自分に回ってきたり
  • 気軽に話しかける相手がいなかったり

同世代がいないならではの悩みも多いのではないでしょうか?

仕事だと割り切っても、職場で孤立するのはつらいです…。

僕も新卒で入社した会社は、一番年齢の近い先輩が40歳手前と若手が自分だけの環境で働いていたので良くわかりますよ。

そんな今回は、20代が自分だけの職場で働くメリット・デメリット、若手だけの職場から転職した方がいい事例・しない方がいいケースをご紹介します。

結論
  • 我慢してイヤイヤ仕事を続けるぐらいなら転職しよう
  • 価値観が合わない、世の中の進歩に逆らってる上司とは関わらない方がいい!
  • メンターと言える上司がいるならまだ転職しない方がいい!

「職場がおじさんおばさんばかりでつらい」「活気がなくておもしろくない」「雑用ばかり回されてしんどい」という方は、ぜひご覧ください。

重要なお知らせ!

職場で20代が自分だけの環境がどれだけつらくても、自分から行動しなければ、状況はなにも変わりません。

我慢してイヤイヤ仕事を続ける毎日から抜け出したいなら転職をして環境を変えた方がいいでしょう。

同じような会社に転職しても意味がないので、ぜひ一度転職エージェントに相談してみてください。

おすすめの転職エージェント(PR含む)
  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • マイナビAGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    アドバイザーのサポートが手厚く、20代後半〜30代前半の転職に強い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!
目次

20代が自分だけの職場で働くデメリット

20代が自分だけの職場で働くデメリットは、次の5つ。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

価値観が合わない

50代のおじさん達が現役だった20年、30年前と令和の今では時代が全く違います。

  • 長時間、遅くまで働くのが偉い
  • サービス残業が会社への貢献度
  • 年功序列は当たり前
  • 仕事のためにプライベートは犠牲にするもの

といった時代遅れの価値観は今の時代では通用しません。

俺の若手の時代だと通用しないよ!
昔はもっと大変だったんだから…。

俺の時代は…とか、自慢合戦とかマジで聞きたくないですよね。

進化のスピードがどんどん早くなっている今の時代、

時代遅れのおじさんばかりの環境で働くのって本当につらいと思います。

謎ルールがある

若手がいない会社では謎ルールがありがちです。

  • 有給休暇申請時に理由を聞かれる
  • お茶配り係がある
  • 定時後30分はサービス残業をする
  • 朝礼当番の日のスピーチ

などなど、暗黙の了解で周りのおじさん達は誰も気にしないのが不思議なぐらい。

若手からすると、仕事と全然関係ないし無駄にしか思えないですよね。

そんなことやる暇があったらもっと他にやることあるじゃんって思っちゃいます。

年上ばかりで気を使う

自分の倍の人生を経験している人たちばかり、

年が離れすぎていると、世代が違いすぎて気を使います。

当然話も合わないし、何をしゃべったらいいかもわかりませんよね。

次第には、居づらいと思うようになり職場で孤立してしまう。

同年代で気軽に話せる同僚がいればと思うと、今の状況がどんどん苦しくなってきます。

雑務を任されがち

20代は自分だけ、周りは40代、50代ばかり。

そんな職場だと基本的な雑務はすべて任されがちです。

  • お茶入れがかり
  • 掃除係
  • 電話対応
  • 配達業者の対応
  • 飲み会の幹事

などなどありとあらゆる雑務を押し付けられます。

当然、雑務をどれだけこなしても市場価値が上がることはないですから、はっきりいって無駄な仕事です。

  • なんのために働いているの?
  • こんなことやる意味ないのに…

と思いながら働くのは本当につらいですよね。

出会いがない

仲のいい同僚と飲みに行ったり、同年代の女性とのドキッとした職場での出会いなんかを少しは期待してしまうものでしょう。

残念ながらそんな淡い期待は簡単に打ち砕かれます。

職場の女性は、おつぼねさんと言われる50代のおばちゃんばかり。

職場での出会いなんで夢のまた夢です。

ときめく出会いのない、つまらない毎日に嫌気がさしますよね。

20代が自分だけの職場で働くメリット

20代が自分だけの職場で働くことにもいくつかメリットがあります。

メリットは次の3つ。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

仕事のイロハを学べる

自分だけ20代、周りはベテランばかり。

そんな環境にいれば、先輩方から仕事のイロハを学ぶことができます。

100戦練磨のベテランの仕事術や仕事に対する姿勢、思考法を学ぶことで、若手だけの真逆の環境にいる同年代から一つ上のレベルに上がることも可能です。

年だけ食ってる仕事できないおじさんもそこそこいるけどね…。

この人のようになりたい。メンターと言えるような上司に巡り会えればもっと成長できますね。

年上との接し方がわかる

仕事をしている中でコミュニケーションは不可欠です。

周りの上司の多くが自分より一回りも二回りも年が離れている。

そんな状況の中で普段からコミュニケーションを取っていると自然に年上との接し方が上手くなります。

年上との付き合い方が上手な人はビジネスで大きな武器を持っているも同然。

なぜなら、決定権やお金を持っている人ほど歳を重ねているからです。

年上ばかりの職場で働いていると自然に物怖じしない度胸が鍛えられていくのです。

息子・娘のように接してくれる

上司の中にあなたが自分の子供と同年代だって人もいるかもしれません。

人は自分と共通点がある相手ほど接しやすいと感じるもの。

その点、自分の子供と同年代という共通点があると時に息子や娘のように接してくれる上司もいたりします。

自分を息子・娘のように接してくれる。

そんな上司に巡り会えたならかなり働きやすい環境だと言えますね。

20代ばかりの会社も注意が必要!?

おじさんおばさんばかりの職場よりも20代ばかりの会社の方が働きやすそう!

実は、20代ばかりの会社も注意が必要です。

スタートアップ企業は例外ですが、20代の社員が極端に多く30代~40代の社員が明らかに少ない職場というのは、離職率が高い傾向が見られます。

ブラック企業の可能性が高いでしょう。

離職率の高い職場というのは、常に人を募集しています。

そうして入社してくるのは殆ど10代後半~20代の人達です。

その後、入社して数年で辞めてしまうため必然的に30代~40代の社員が少なくなってしまう。

つまり、会社の中心となるべき働き盛りの30代40代の社員が極端に少ない会社は離職率が高い可能性があるのです。

アブラの乗った30代、40代が全然いない会社が仕事を取れるのですかね?

若い世代が中心になって働いている職場は悪いわけではありませんが…

通常30代~40代が勤めているような管理職の立場に20代の人が多く勤めているような会社は注意が必要です。

まだ転職しない方がいいケース

本章では、まだ転職しない方がいいケースについて具体的にまとめています。

次の2つに当てはまる場合、まだ転職をしない方がいいケースと言えます。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

メンターと言える上司がいる

ビジネスにおけるメンターは、自身が仕事やキャリアの手本となって、新入社員や若手社員に助言・指導をし、個人の成長や精神的なサポートする人を指します。

あなたのとって仕事やキャリアの手本だと感じる上司がいる。

そんな職場ならまだ転職をしない方がいいこともあります。

なぜならメンターと言える上司から学ぶことで飛躍的に成長することができるからです。

メンターの元で職歴を積み重ね、スキルを身につけていくことでキャリア形成にもメリットがあり、市場価値が上がり転職にも有利に働きます。

実はメンターがいるだけで幸運なんですよね。

待遇が良く拘束時間が短い

待遇が良く拘束時間が少ない

そんな環境なら仕事と割り切って、仕事以外の時間に全力を注ぐにも一つの生き方です。

9時〜17時は我慢して働いてプライベートの時間がメイン。趣味に生きる。

全然悪くない生き方ですよね。

だけど1日の内8時間働いているとして、1日の1/3は仕事に使っています

人生の多くの時間を仕事にあてているわけですから、その時間がずっと辛いのもなんだかもったいないですよね。

嫌な仕事に人生のほとんどを使うって思うとゾッとしますよね。

仕事もそこそこ充実させたい!って人は、転職を考える必要がありますね。

転職って言っても簡単にできるものでもないし・・・

今の日本の労働市場は人手不足なので、経験をいかしたり、第二新卒枠で転職できるホワイト企業はいくらでもあります。

人手不足で売り手市場なんですよ。

また、転職エージェントを使えば無料で転職サポートをしてくれるし、希望の求人を紹介してくれます。

ホワイト企業へ転職した人の成功例なんかも聞けるので、転職エージェントには登録だけでもしておくべきかなと。

おすすめの転職エージェント(PR含む)
  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • マイナビAGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    アドバイザーのサポートが手厚く、20代後半〜30代前半の転職に強い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!

すぐに転職を考えるべきケース

本章では、すぐに転職を考えるべき4つの事例について具体的にまとめています。

次の4つの事例に当てはまった場合、すぐに転職を考えた方がいい判断基準となります。

それぞれを詳しく見ていきましょう。

とにかく価値観が合わない

20代のあなたと、40代、50代の上司とでは生きてきた時代が全く違います。

まだ幼かった20年、30年前は、

  • 年功序列は当たり前
  • サービス残業が会社への貢献度
  • 残業時間が多い方がすごい
  • 会社員になれば安泰

といった考え方が常識であり、年功序列制度が崩壊した現代とでは180度違います。

周りの40代、50代の上司がいまだに古臭い、時代遅れの考え方に固執していてとにかく価値観が合わない。

ずっと時代遅れのマインドにさらされながら働くほど無駄はないです。

周りに合わして時間を無駄に使う前にさっさと転職しましょう。

世の中の進歩に逆らっている

世の中の進化はどんどん早くなっています。

  •  IOT
  • ブロックチェーン
  • AI

などここ数年を比べても新たなテクノロジーが次々と創造されています。

そんな人類の進化から逆らっているオワコンの人たちの発言や行動を受けているとあなたもオワコン化してしまいます。

オワコンのおじさん達とは関わらない方がいい

もし職場の40代、50代の上司が世の中の進歩から逃げているオワコンの人たちなら

すぐに転職を考えた方がいいですよ。

ブラック労働を強いられている

長時間労働、休日出勤は当たり前。

そんな労働環境でブラック労働を強いられている場合もすぐに転職を考えた方がいいですね。

仕事はあくまで人生の一部であり、人生のすべてを捧げるほど価値はありません。

  • もっとやりたいことがたくさんあるのにブラック労働すぎて時間がない。
  • プライベートの時間を充実させたいけど帰宅してご飯を食べたら1日が終わる
  • 上司から毎日理不尽なパワハラを受けている

ブラックな職場からは逃げても大丈夫

  • とにかく価値観が合わない
  • 世の中の進歩に逆らっている
  • ブラック労働を強いられている

上記3つのうちどれかに当てはまるのなら今すぐ転職活動を始めましょう。

若いうちならリクルートエージェントdoda といった大手を使えば、優良企業を紹介してくれますよ。

それぞれの転職エージェントをランキング別にまとめた記事もあるので、合わせてご覧ください。

精神的に限界で耐えられない

必ず転職先を決めてから辞めることをおすすめしますが、精神的に限界で耐えられない場合は例外です。

心身ともに健康であってこそ、働くことができるし仕事探しもできるわけです。

20代であれば転職先の選択肢も豊富にありますが、体を壊してしまっては本末転倒。

残念ですが健康に問題のある人を積極的に雇う企業は少ないでしょう。

今の環境があまりにも過酷で苦しい。精神的に耐えられない。

そんな状況で我慢するよりも退職してから転職先を探した方が結果的にはいい方向に進むでしょう。

病気になってしまって長期離脱をしても、会社が復帰を支援してくれのであれば休職を申請するのも一つの選択肢です。

関係がこじれる可能性がある職場や、対面での退職交渉が困難な場合には、退職ガーディアン や リーガルジャパン などの退職代行サービスを使えば安心です。

20代が自分だけで辛いなら転職すべき!

職場で20代が自分だけの環境がつらい方へ、もっとも伝えたいことは、

自分から行動しなければ、状況はなにも変わらないということです。

待っていても状況は良くならないよ…。

モチベーションは低下し、年齢は上がり、転職先が減ってチャンスがどんどんなくなっていく…。

誰かの助けを待つのではなく、自分からつらい状況を抜け出す努力をしましょう。

具体的なとるべき行動としては、次の2つです。

1つずつ見ていきましょう。

辞める前に転職先をみつける

必ず辞める前に転職先を見つけることが重要です。

理由は以下の5つ。

  • お金の心配がない
  • 納得いくまで転職活動を続けられる
  • 不採用が続いてもダメージが少ない
  • 引き止められても断りやすい
  • 年金や保険の手続きを自分でやる必要がない

在職中に転職活動をすれば、お金の心配や仕事がなくなるプレッシャーがありません。

好きなだけ求人を探せるため、本当に自分に合った会社が見つかるまで転職活動を継続できます。

退職してから転職先を探すと、焦りで妥協しちゃうことがあるんですよね…。

転職に妥協しちゃうと、何のために転職活動をしているのかわからなくなってしまいますよね!

また、会社に退職を伝えて引き止められても「転職先が決まっているから無理です」と断りやすくなります。

「どうしても今すぐ辞めたい」というわけでなければ、リクルートエージェント や doda を使って、先に転職先を決めておきましょう。

転職エージェントに相談する

おじさんおばさんばかりの職場を抜け出し、同世代の同僚たちとお互いに成長できる環境を探すなら転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントとは
  • 完全無料の転職支援サービス
  • 転職のプロが相談にのってくれる
  • あなたに合った優良企業を紹介してくれる
  • 転職サイトにない人気企業の求人がある
  • 書類のチェック、面接対策をしてくれる
  • 書類や面接の通過率を上げてくれる
  • 入社時期・条件の交渉をしてくれる

せっかく転職したとしても、同じような20代が全くいない会社では意味がないです。

確実に同世代の同僚たちとお互いに成長できる環境を探すなら、転職のプロに頼るのが一番ですよ。

専任のアドバイザーが希望にあった会社を紹介してくれるんですよね!

20代の若手なら、経験やスキルが不足していてもポテンシャル重視で転職できる企業はたくさんあります。

若ければ若いほどポテンシャル採用をしてくれる確率は高いため、早めに転職エージェントに相談してみましょう。

おすすめの転職エージェント(PR含む)
  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • マイナビAGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    アドバイザーのサポートが手厚く、20代後半〜30代前半の転職に強い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!

まとめ:我慢するぐらいなら転職しよう

記事のポイントをまとめました。

  • 20代が自分だけの職場で働くデメリットは5つある
  • 40代、50代の上司ばかりの環境で働くメリットは3つある
  • 転職すべき事例は3つ(価値観が合わない、世の中の進歩に逆らっている、ブラック企業)
  • 転職しない方がいいケースは2つ(メンターがいる、労働環境や待遇がいい)

こんな感じですね。

最後に言いたいのが、今の職場で「我慢してイヤイヤ仕事を続けるぐらいなら転職しよう」ということ。

  • 転職しても自分の経験じゃ良い会社は見つからないな・・
  • 結局最初に就職した会社が1番いいって聞くしな・・
  • 転職先がもっとブラックで酷かったらどうしよう・・

上記ネガティブ思考をとにかく捨ててまずは一歩ずつで良いので行動してみませんか?

「転職エージェントに登録して話を聞いてみる」でも立派な行動です。

確実に一歩進んでいますよ!

何もせず毎日が過ぎていくのもしんどいじゃないですか。

少しでも行動するだけで気持ちが楽になって未来に希望がもてたりしますから。

最後におすすめの転職エージェントを紹介して終わりたいと思います。

おすすめの転職エージェント(PR含む)
  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • マイナビAGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    アドバイザーのサポートが手厚く、20代後半〜30代前半の転職に強い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次