1年で10人以上辞める会社はやばい?自分も辞めるべき?6つの理由と末路に迫る

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
記事のまとめ

1年で10人以上辞める会社ってやばい?」自分も辞めるべきか悩んでいる人に向けて

社員が次々と辞める会社がやばい理由について徹底解説。

  • 「どんどん人が辞める会社」自分も辞めるべきか?
  • 人がよく辞める会社の末路は?

上記疑問にお答えしていきます。

この記事を読めば、新人、中堅社員、優秀な人など…、次々と人が辞めていく状況におかれた時に最優先でやるべきことがわかりますよ。

この1年で10人以上も社員が辞めてる…。そろそろこの会社、やばいかも…

1年で10人以上も辞める会社、はっきり言ってやばいです。

10人以上も辞めるくらいに離職率が高い会社にはそれなりの理由があります。

  • 周りが辞めていく中で自分も辞めるべきか…。
  • もしかしたら人生を左右する選択になることも…。

正直、かなり判断に迷うのではないでしょうか。

自分だけ取り残されるのも焦るのよね…。

残念ながら人が次々と辞める会社には厳しい末路が待っています。

そこで本記事では、1年で10人以上辞める会社の異常性について徹底解説していきます。

この記事を読めば、新人、中堅社員、優秀な人など…、次々と人が辞めていく状況におかれた時に最優先でやるべきことがわかりますよ。

重要なお知らせ!

1年で10人以上が辞める会社はどう考えてもやばいです。

社員を使い捨てても利益が出るビジネスモデルの可能性もあります。しかし、一部の人間だけが得する会社は長くは続かないでしょう。

次々と人が辞めるやばい会社と一緒に沈没してしまう前に転職をして環境を変えた方がいいでしょう。

同じ目に合わないためにも、ぜひ一度転職エージェントに相談してみてください。

おすすめの転職エージェント(PR含む)
  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • マイナビAGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    アドバイザーのサポートが手厚く、20代後半〜30代前半の転職に強い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!
目次

1年で10人以上辞める会社はなぜやばい?6つの理由

1年で10人以上も社員が辞める会社は、正直異常です。

まずは、次々と社員が辞める職場がやばい理由を6つ解説します。

それぞれ詳しく解説していきます。

社員の使い捨てでも儲かる仕組み

なぜ1年に10人以上の社員が退職しているのに経営できているのか?

おそらく社員の使い捨てでも利益が出せるビジネスモデルを採用しているからでしょう。

社歴の浅い若手でもすぐにできる仕事で、質より量、人的資本さえあれば代わりは誰でもいいという仕事にありがちです。

こういった仕事では、社員はコマのように雑に扱われ搾取され続けています。

経営陣は会社の一部の人間だけがもうかればいいと考えているのでしょうね。

しかし、長期的には品質が低下し、信頼性を損なうリスクが高いので、経営者だけが得をする一方的なビジネスモデルを続けている会社に未来はないでしょう。

ブラック労働を強いられる

  • 毎日、終電帰りの繰り返し
  • サービス残業は当たり前
  • 毎週、休日返上で働いている

そんな過酷なブラック労働を強いられる職場で退職者が相次ぐのは当然のこと。

特に賃金と労働が伴っていないと感じると不満はどんどん大きくなります。

低賃金で長時間働かされる奴隷のような環境から逃げ出したくなるのも無理はないですね。

パワハラやいじめが多い

パワハラやいじめが多い職場から人が辞めていくのは当然です。

実際にパワハラやいじめを受けている当事者だとなおさらのこと、

パワハラやいじめが起きている近くにいるものつらいですよね。

自分の部署で起きていなくてもパワハラやいじめが多い会社ってだけでも正直辞めたくなるのは無理ありません。

人間関係が最悪

いくら同僚達と仲が悪くても最低限のコミュニケーションさえ取れば十分だと…。

仕事だからと割り切ることができれば問題ないですが、

  • これから何十年と働き続けるわけで
  • ずっとギスギスした職場で
  • ろくに話もせず、
  • 休憩時間に音を立てるものだめな空気

そんな人間関係が最悪な職場でずっと働けるほど精神力が強い人はほどんどいませんよね。

人生のうちの大半を費やす場所。せっかくなら人間関係が良好な環境で働きたいものです。

いくら福利厚生が良くても給与待遇が良くても

ずっと我慢しながら自分の気持ちを捨ててまで働くのはつらいですね。

給与が見合っていない

  • 毎日、膨大な仕事量をこなしている
  • 仕事内容の難易度がすごく高い
  • 求められるスキルレベルが高い

かなりハイレベルの仕事をこなして成果を上げている実感があるのに給与が上がらない。

自分のこなしている仕事量に対して給与が低すぎる。

同業他社へ転職すれば給与が上がる。

そんな状況が続いていると多くの優秀な社員が外に流れている結果となります。

今と同じ仕事をするのに年収が上がるなら転職しない理由なんてありませんよね。

会社に未来がない

今の世の中は驚くべきスピードで変化しています。

世の中の変化についていけない会社はこれからどんどん淘汰されていくわけです。

そんな中で、

  • 会社の経営がやばい
  • 会社の未来が見えない
  • 需要が減ってどんどん先細りする

優秀な社員ほど早めに見切りをつけて会社と一緒に沈んでしまう前に先に抜け出します。

人が辞めていく会社の末路とは

連鎖的に退職者が出ている会社は、以下のような状況になり最悪の場合は倒産してしまう可能性を秘めています。

  • 人手不足になり仕事が回らなくなる
  • 残っている社員の負担が増加する
  • 連鎖退職が起こる
  • 新しい人材が入社しなくなる
  • 商品・サービスの量・質が落ちる
  • 事業・経営が上手くいかなくなる

問題が多い職場だと優秀な社員がいち早く退職することが多いです。

なぜかというと、優秀な社員は職場の雰囲気や会社の経営状況などに広く関心を持ってアンテナを張り巡らせているから。

優秀な人がいなくなると

  • サービスの量や質が落ちる
  • 受注できる案件が減る

という流れでさらに経営状況が悪くなっていきます。

このような状態に陥る前に、その企業から離れることを検討する必要があります。

松下幸之助の格言である「企業は人なり」の通り、従業員が流出することにより、会社の体制は崩れてしまうのです。

同僚が次々と辞めていき、不安に感じているのであれば、今すぐ転職活動を始めましょう。

なぜ今すぐ転職活動をするべきかと言うと

「転職活動」自体はリスクゼロだから。

たしかに転職そのものにはリスクが伴います。

転職先が今より、

  • 人間関係が良くて
  • 給料が高くて
  • 働きやすい環境

だと100%保証できません。

だけど、転職「活動」自体はリスクゼロなので、転職活動をしてみて今の方が条件が良ければ転職しなければいいだけ。

今は転職なんて普通の時代です。

会社に言わなければ転職活動がバレることもないですし…。

また、転職エージェントを使えば無料で転職サポートをしてくれて、希望の求人を紹介してくれます。

ホワイト企業へ転職した人の成功例なんかも聞けるので、転職エージェントには登録だけでもしておくべきですよ。

おすすめの転職エージェント(PR含む)
  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • マイナビAGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    アドバイザーのサポートが手厚く、20代後半〜30代前半の転職に強い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!

「社員が次々辞める会社」自分も辞めるべき?

同僚がどんどん辞めていくけど自分も早めに辞めるべきかな…。

周りが次々と辞めていくとなんだか取り残されている気分がして焦ってしまうかもしれません。

ただ、勢いのままに辞めてしまうのもかなりハイリスクです。

ここでは、社員が次々辞める状況をみて自分も辞めるべきなのか4つのポイントを解説します。

詳しく見ていきましょう。

改善する見込みがないのか早めに判断する

次々と人が辞めていく状況は、企業の体質や文化、経営方針に大きな問題があるので社員の努力だけで改善できるものではないです。

経営者の考え方、経営方針、もしかするとビジネスモデルまで変えていく必要があります。

結論を言うと、自分に直接被害がないのなら「とりあえず続けながらいい会社が見つかれば転職する」で問題ないでしょう。

しかし、改善の意思が感じられない、計画が見られない状況で長期的なキャリアを形成することはリスクです。

優秀な人材がいなくなって、仕事が回らなくなり、会社の体制が崩壊する。

ずるずる続けて後戻りが出来なくなる前に早めに判断することが重要です。

辞める前に転職先を見つける

必ず辞める前に転職先を見つけることが重要です。

理由は以下の5つ。

  • お金の心配がない
  • 納得いくまで転職活動を続けられる
  • 不採用が続いてもダメージが少ない
  • 引き止められても断りやすい
  • 年金や保険の手続きを自分でやる必要がない

在職中に転職活動をすれば、お金の心配や仕事がなくなるプレッシャーがありません。

好きなだけ求人を探せるため、本当に自分に合った会社が見つかるまで転職活動を継続できます。

退職してから転職先を探すと、焦りで妥協しちゃうことがあるんですよね…。

転職に妥協しちゃうと、何のために転職活動をしているのかわからなくなってしまいますよね!

また、会社に退職を伝えて引き止められても「転職先が決まっているから無理です」と断りやすくなります。

「どうしても今すぐ辞めたい」というわけでなければ、リクルートエージェントdoda を使って、先に転職先を決めておきましょう。

転職先は1人で探さない

転職先は1人で探さないことも、重要なポイントです。

1人で探してはいけない理由は、次の5つ。

  • あなたに合った会社かわかりづらい
  • 求人サイトには嘘の情報も多い
  • 優良企業か判断するのがむずかしい
  • 入社前と後でミスマッチが起きやすい

個人で集められる情報は、それほど多くありません。

特に会社の内部を調べるのはむずかしく、「聞いていた話と違った」といったミスマッチも起きがちです。

転職したら今以上のブラック企業だったということもありますよ…。

理想は知り合いの紹介で転職することですが、現実的になかなか難しいです。

そのため、後悔しない転職をしたいなら、転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントとは
  • 完全無料の転職支援サービス
  • 転職のプロが相談にのってくれる
  • あなたに合った優良企業を紹介してくれる
  • 転職サイトにない人気企業の求人がある
  • 書類のチェック、面接対策をしてくれる
  • 書類や面接の通過率を上げてくれる
  • 入社時期・条件の交渉をしてくれる

リクナビNEXTの調査によれば、転職に成功した人は平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

より多くの選択肢を持つためにも、複数の転職エージェントを使うのがおすすめです。

まずは、大手の転職エージェントである下記4つを登録してみましょう。

おすすめの転職エージェント(PR含む)
  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • マイナビAGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    アドバイザーのサポートが手厚く、20代後半〜30代前半の転職に強い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!

辞めるときは今の会社に遠慮しない

辞めるときは、今の会社や同僚に遠慮する必要はないです。

自分の意思をつらぬき、転職チャンスをつかむ方が重要ですから。

あなたの人生を変えたいなら、まわりを気にせず行動しましょう。

残る人たちのことを考えすぎると、転職のタイミングを逃しちゃうよ…!

ただ、辞めようと思っても、以下のような不安もありますよね。

  • 損害賠償を要求されたらどうしよう…
  • プロジェクトの途中でも辞められるのかな
  • 現場に迷惑をかけてしまいそう

すべて問題ないので大丈夫です。

労働基準法で「損害賠償は禁止」と決められているため、あなたがお金を支払う必要はありません。

労働基準法 第16条

使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない

引用:総務省行政管理局-e-Gov法令検索-労働基準法

また、仮にプロジェクトの契約期間が残っていても退職は可能です。

民法で「退職の2週間前に会社へ伝えれば辞められる」と法律で定められています。

民法 第627条

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用:総務省行政管理局-電子政府の総合窓口(e-Gov)

プロジェクトの契約期間は、会社間の問題なので、あなたの退職とは関係ありません。

あなたの代わりを探すのは会社の仕事なので、気にしすぎる必要はありませんよ。

関係がこじれる可能性がある職場や、対面での退職交渉が困難な場合には、退職ガーディアンリーガルジャパン などの退職代行サービスを使えば安心です。

まとめ

記事のポイントをまとめました。

  • 1年で10人以上の社員が辞める会社はやばい!
  • 自分に直接被害がないなら続けながら転職活動をしよう
  • 転職活動は転職エージェントをうまく活用するべし
  • 優秀な社員がどんどん辞めると危険信号

こんな感じですね。

改めてお伝えすると、今の環境が嫌で、変えたいなら行動するしか方法はないです。

たしかに1年で10人もの社員が辞める会社は異常で、

優秀な社員までもが辞めているなら経営状況にも影響する可能性があります。

ただ、「周りが辞めているから自分も辞めるんだ」と、他人のものさしで判断すると必ず後悔します。

今の会社に在籍しながら転職活動を続けて優良企業に転職する道が1番ベストな選択です。

転職「活動」自体はリスクゼロですから。

今回ご紹介した転職エージェントは、どれも5分ほどで登録できます。

今の会社の状況を見て不安になって何もしないより、『まずは行動』して話だけでも聞いてみましょう!

おすすめの転職エージェント(PR含む)
  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • マイナビAGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    アドバイザーのサポートが手厚く、20代後半〜30代前半の転職に強い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次