退職撤回自体は恥ずかしくない3つの理由!経験者の体験談も紹介!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
記事のまとめ

退職撤回したいけど恥ずかしい・・

退職撤回を伝えるのが気まずい・・

本記事は退職撤回したいけど恥ずかしくてためらっている人に向けて

  • 退職撤回は恥ずかしくない3つの理由
  • 実際に退職撤回した人の体験談
  • 退職撤回しても後悔するケース

上記3つを解説していきます。

 

やっぱり退職を撤回したいけど、恥ずかしいし言いにくいな・・。

たしかに退職撤回を言うのは恥ずかしいですよね。

でも、退職撤回自体に恥ずかしい理由なんてないですよ!

 

一度辞めようと思ったけど時間が進んで考え方が変わり、やっぱり退職を撤回したい

そんな悩みを持つ人は少なくないと思います。

 

そこで本記事では、退職撤回したいけど言い出しにくい人に向けて

退職撤回は恥ずかしくない3つの理由

退職撤回は難しいケース

実際に退職撤回した人の体験談

退職撤回しても後悔するケース

について徹底解説していきます。

退職撤回について悩んでいる人はぜひご覧ください。

 

目次

退職撤回は恥ずかしくない?3つの理由

退職撤回自体はないも恥ずかしいことではないです。

 

まずは退職撤回が恥ずかしくない3つの理由について見ていきましょう。

退職撤回したいと悩んでいる人は、ぜひご覧ください。

 

辞めたくないと思う心に従うべき

いざ退職すると決めた時、

  • 今更だけどこの会社で働いててよかったな。
  • もっと仲間たちと頑張っていきたいな。

そんな思いが湧いくる・・。

過去を振り返った時に人間誰しも感傷に浸るものです。

 

「やっぱり辞めたくない・・!」

「もっとこの会社で頑張りたい・・!」

そんな熱い気持ち。辞めたくないと強く思うなら、その心に従うべきです。

 

強い未練があって、本気で辞めたくないなら

プライドなんか捨ててしまって頭を下げて「もう一度働かせてください!」と伝えましょう。

 

退職を撤回するのが恥ずかしいから言い出せない程度の気持ちなら退職撤回しない方がマシ。

本気で辞めたくないなら、恥ずかしいとか関係ないし、プライドなんで必要ないのです。

 

企業側は採用するより残ってくれた方が楽

企業側にとっても退職撤回はデメリットではありません

 

正直、新規で採用するよりも

教育する時間、採用するコスト、労力が必要ないからです。

 

人材不足の今は、一人募集して採用するだけでも多大のコストと労力がかかります。

 

転職サイトに募集するだけでも高額な費用が発生します。

 

新入社員を教育するにも労力がかかるし、

仕事のできない社員を採用してしまったときのリスクもありますよね。

 

企業からすると退職撤回してくれた方がむしろ助かっているというわけです。

 

辞めればいいと思える人は強い

一度辞めると覚悟を決めたことがある人は強いです。

 

今まで見えなかった会社の良い面、悪い面を客観的に見れるようになるから。

 

熱い気持ちを持って辞めない選択をした人は、

  • 会社にしがみついて
  • 上司にごまをすって
  • 必死に喰らい付いている連中

に比べてモチベーションが全然違いますよね。

 

今までより視野が広がることで心に余裕が生まれて、選択肢も増えるので。

会社を客観的に見て判断した上で最終的に退職するのは全然ありですよ。

 

退職撤回が難しいケース

いくら退職撤回がしたくても場合によっては難しいケースもあります。

詳しく見ていきましょう。

 

すでに退職届が受理されている

すでに退職届を提出済みで、受理されている場合、撤回は不可能に近いです。

 

退職届は会社側に到達した時点で、解約告知としての効力が生じます。

 

つまり、退職届を出された時点で会社側にNOと言う権利はないわけで。

退職届を提出した後に撤回することはできません。

 

退職届って撤回できないんだ・・・
退職願いだとまた話が変わってきます。

 

退職届じゃなくて、退職願いを出していた場合は、会社の承諾があるまでの間であれば撤回は認められます。

退職届を出している場合は、退職撤回できないということです。

 

自己都合で退職撤回するケース

  • 気が変わったから
  • 家族に反対されたから
  • 内定先から断られたから

など・・自己都合で退職撤回する場合は、会社側は歓迎しないでしょう。

 

退職するにも、退職撤回するにも優柔不断で、

その場の思いつきで周りを巻き込んでしまうと会社側はいい気がしないと思います。

 

なんとか会社に残れても居心地が悪くなるだけ。

よっぽど退職撤回したい何かがないなら、撤回しない方がいいと思います。

 

実際に退職撤回した体験談

ここからは、実際に退職を撤回した経験がある人から聞いた、退職撤回の体験談についてお話しします。

 

  • 体験談① 40代男性
  • 体験談② 30代女性

 

体験談① 40代男性

クラウドワークスでアンケートを取ったところ、

40代の男性に現在勤めている企業で退職撤回した経験を語っていただきました。

 

なぜ退職しようと思ったのですか?
働いていた部署が急遽閉鎖になることになり、移動する部署は今までの業務とはほぼ関係の無い部署で抵抗があったからです。

退社したい旨を伝え、会社に受け入れてもらい、退社のための準備を進めていました。

退職撤回しようと思った理由は?
退社の準備も終わり、移動部署の手伝いをしていると、皆いきいきと楽しそうにしているなと感じた反面、自分はこれから仕事を探して、新しい環境で…と少しマイナスな気分でいたためか、ゼロから環境を築くよりも、その部署で働いたほうがいいのではないかと考えるようになってきました。
そこで、社長ともう一度面談を行い、自分の気持ちを素直に話し、退社することを撤回したいと伝えました
退職撤回を伝えた時の社長の反応はどうでした?
社長は「そう言うと思ってたよ。」と、すんなり撤回を受けれてくれ、新しい部署へ移動することとなりました。
他の上司や同僚は驚いていた人もいれば、私のことを「芯が通っていない奴」と思っていたかもしれません。
周りの評価はコントロールできませんからね・・。

今でもそれが正解だったか不正解だったかは分かりませんが、しっかりお給料をもらえて働かせていただいているので、良かったと思っています。

 

やはり明確な転職理由がないと納得して退職することはできませんね。

とくに転職先が決まっていないのに退職するのは絶対に避けた方がいいですね!

 

体験談② 30代女性

クラウドワークスでアンケートを取ったところ、

30代の女性に以前勤めていた介護施設で退職撤回した経験を語っていただきました。

 

なぜ退職しようと思ったのですか?
20代前半の頃、介護施設で働いていましたが、その施設は人間関係がものすごく悪く、派閥やいじめが施設内で広がっていました。
精神的に追い詰められ退職の意思を伝えました。
いじめで苦しんでいたのに

なぜ退職撤回したのですか?

退職の意思を伝えた直後に、私を追い詰めてきた職員の数名が退職することが決まったからです。

また、私自身も部署移動してくれることになり、これなら心機一転頑張れるかと思い退職の希望を撤回しました。

施設が対応してくれたのですね!
結果的には長くは続きませんでしたが、衝動的にやめてしまわなくて良かったとは思います。

 

企業からすると新しく採用するよりも残ってくれた方がコストや労力がかからない理由が分かりますね。

退職撤回は恥ずかしくないことがよく分かります。

 

要注意!退職撤回して後悔するケース

退職撤回したけど、やっぱりあのまま退職した方がよかったかも・・

そんな退職撤回して後悔するケースも珍しくありません。

 

ここからは、退職撤回して後悔するケースを5つご紹介します。

詳しく見ていきましょう。

 

人間関係が終わっている

  • パワハラ
  • セクハラ
  • モラハラ
  • いじめ
  • 相手をおとしいれる

などの行為が日常にあるような

人間関係が終わっている職場に戻るのは辞めておくべきです。

 

人間関係が嫌で退職しようと思ったのなら尚のこと。

正直、人間関係で悩む時間が無駄ですから。

 

人間関係が崩壊しているのに退職撤回すると必ず後悔するので辞めておきましょう!

 

自分の人生を優先しない

  • もっと君と一緒に働きたい
  • 君は会社のエースだから大きな損失だ

などとけしかけられて

 

  • 自分が辞めることでみんなの仕事が増える
  • 自分が辞めると会社に迷惑がかかるかも

など・・

自分の人生を優先しない選択は絶対に避けましょう。

 

どれだけ周りに迷惑がかかろうと、

自分の人生。自分の意思で決断しないと一生後悔が残ります。

 

自分が抜けた穴をどうにかするのはあくまで会社の問題

気にする必要は一切ないですよ!

 

転職先が決まらないから

退職を伝えるときに、別の会社に転職するからと伝えておいて

  • やっぱり転職がうまくいかなかった
  • 転職先が決まらなかった

のでやめます

 

というのは、会社側の立場に立ってみると、都合が良いと思われても仕方ないです

当然、最悪の印象を持たれて再スタートする羽目になりますよね。

 

周りがどう思ってるかなんてどうでもいいって人は、関係ない話ですが・・。

 

会社に退職の意向を伝えた時ってすごい勇気が必要だったはずです。

2度目は、前回の比ではありません。

 

よほどの強心臓を持っていないとあまりの居心地の悪さに後悔することでしょう。

 

転職が難しいから戻る選択は、最終手段。

できればおすすめしません。

 

転職ができないのは、必ず原因があるはずで。

  • 自分の強みとあった企業を選べていない
  • 企業を厳選しすぎている
  • 転職の目的が明確になっていない

など・・。

転職できない理由は必ずあります。

 

転職を成功させるためには、

  • 転職の目的を明確にする
  • 質の良い情報をつかむ
  • 行動量を増やす
  • 転職エージェントをうまく活用する

といった対策が必須です。

 

とくに転職エージェントを「うまく活用する」ことが成功のカギ。

 

このあたりは「【うざっ!】転職エージェントがムカつく!戦略的に使うべき理由と対処法」で詳しくまとめています。

おすすめの転職エージェントは、下記の5つです。

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • doda
    【公式】https://doda.jp/
    国内2番目に求人数が多い!求人数と質のバランスが良い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!

 

何がやりたいか分かっていない

何がやりたいかよく分かっていない・・・。

  • なんで会社を辞めたいのか
  • 会社をやめてどうするのか
  • なんで会社に残りたいのか

自分の心をすでに答えは決まっているのでは?

 

未経験のことに恐怖する。

いわゆる「現状維持バイアス」にかかっているだけかもしれません。

 

そんな状態だと残った後も納得していないからずっと悩み続けることでしょう。

どんな選択をしても結局後悔する羽目になります。

 

自分の心をもう一度見つめ直して

続けるのであれば可能な限り努力し、

限界を超えそうになったら、勇気を持って撤退する

周りに気をつかう必要はないですから。

自己中心的に決めて大丈夫。

 

自分のやりたい仕事が漠然としているなら一度転職エージェントに相談するのも一つ。

 

転職エージェントは転職のプロ。

今の経験、スキルでどんな企業に転職できるか相談してみましょう!

こんな仕事もあるんだって発見があるかも!

 

から取り組むべきか悩んだら、まずは転職エージェントへの登録から始めてみてください。

 

もし、どこに登録するか悩んだらには登録しておきましょう!

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • doda
    【公式】https://doda.jp/
    国内2番目に求人数が多い!求人数と質のバランスが良い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!
あわせて読みたい
【厳選】転職エージェントおすすめ7選!年代別に紹介! 転職活動を効率的に進めるには転職エージェントの利用が必須になります。 でも、いざ転職エージェントを使おうとした時、 「転職エージェントはサービスの数が多く、ど...

 

まとめ

本記事では、退職撤回は恥ずかしくない理由撤回が難しい場合、撤回して後悔するケースを解説しました。

 

あらためてお伝えすると、退職撤回自体はなにも恥ずかしい行為ではありません。

ただし、

  • すでに退職届が受理されている
  • 自己都合による退職撤回

の場合は、退職撤回はほぼ無理です。

 

とくに「転職がうまくいかなかった」とかで退職撤回して残れたとしても、居心地の悪さは覚悟しておきましょう!

正直、そんな理由なら退職撤回しない方がいいです。

 

  • 転職の目的を明確にする
  • 質の良い情報をつかむ
  • 行動量を増やす
  • 転職エージェントをうまく活用する

上記、転職を成功させるための対策を取れば、案外うまくいきますから。

最後におすすめの転職エージェントをご紹介して終わりたいと思います。

おすすめの転職エージェント

  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • doda
    【公式】https://doda.jp/
    国内2番目に求人数が多い!求人数と質のバランスが良い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次