平日休みはやめとけ?理由と3つのメリット・向いていない人の特徴を解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
記事のまとめ

平日休みはやめとけ?について

  • 平日休みで後悔した人の理由
  • 平日休みのメリット

について解説。

結論として、平日休み=やめとけは言い過ぎで、「やめとけ」ではないです。

とはいえ、向いていない人や、デメリットがあるのも事実です。

今回は「平日休みやめとけ」の理由を徹底解説します。

平日休みはやめとけって本当なの?

結論をいうと、半分正解で半分間違いです。

平日休み=やめとけはちょっと言い過ぎですね。

平日休みにもメリットはありますから。

結局は、生活スタイルや独身なのか家族がいるのかによって、平日休みはやめとけになる人もいるわけです。

そこで本記事では土日休み、平日休みどちらがいいのかで悩んでいる人に向けて「平日休みはやめとけ」の理由を解説します。

すでに平日休みの仕事に就いていて、土日休みに転職したい人もぜひご覧ください。

重要なお知らせ!

平日休みの仕事に就くとしても働く会社は重要です。完全週休二日制じゃないと年間休日数は激減します。

平日休みから土日休みに転職したい人も含めてぜひ一度転職エージェントに相談してみてください。

専任のアドバイザーが、優良企業への就職・転職のサポートを完全無料してくれますよ。

おすすめの転職エージェント(PR含む)
  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • マイナビAGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    アドバイザーのサポートが手厚く、20代後半〜30代前半の転職に強い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!
目次

【やめとけ!】平日休みで後悔した人の理由

平日休みで後悔している人が少なからずいるのも事実です。

ここでは、平日休みで後悔した人の4つの理由を解説します。

一つずつ見ていきましょう。

家族との時間が取りにくい

家庭を持っている人にとって平日休みはデメリットの方が大きいでしょう。

夜に家族みんなでご飯を食べることはできても

  • 土日に子供が寝顔を見て出勤しないといけない
  • 平日休みでも起きたらすぐに学校に行って会えない

そんな日々に耐えられそうにないなら平日休みはやめておくべきでしょう。

保育園や学校が休みの土日に公園で遊ぶこともできないのは辛くないですか?

土日休みの恋人とのすれ違い

恋人が土日休みだと休みが合わないのですれ違いは避けられません。

特に遠距離恋愛はなかなか成立しないでしょう。

もっと会いたいのに毎回どちらかが有給を取らないと会えないのはつらい…

毎回有給を取らないといけないと、お互いの負担が大きいですよね。

土日休みの恋人がいる人は、できる限り平日休みは避けた方が無難でしょう。

結婚式に参列できない

だいたい結婚式は土日祝に行われることが多いと思います。

平日休みの仕事をしていると結婚式に招待されても

  • 繁忙日の土日に休みをもらうのって気を使うし
  • シフトによってはどう考えても無理だってこともある

入社したばかりだと、6ヶ月待たないと有給が取れないので、結構絶望です。

平日休みの仕事をするなら結婚式への参列は難しいと思っておくべきでしょう。

お盆や年末年始にまとまった休みが取りにくい

平日休みの仕事の多くは、お盆や正月といった「大型連休」が一番の繁忙期で稼ぎ時。

1日、2日休むぐらいならまだしも、まとまった休みはまず取れないでしょう。

1日休みを取るだけでもかなり気をつかうと思いますよ。

お盆や年末年始に

  • 地元の友達に久々に会う
  • 親戚の集まりに参加する

なんてことは平日休みの仕事を続けている間は難しいです。

家族や友達との時間を大切にしたい人ほど平日休みは向いていないでしょう。

平日休みは負け組なのか?

そんなに平日休みってだけで負け組なのかな?
いまいち納得できないよね…。

もちろん、「平日休み=負け組」ではないのは事実です。

平日休み=負け組はあまりにも言い過ぎです。

ここでは、「平日休みは負け組なのか?」見ていきましょう。

年間休日数は108日

平日休みは、平均よりも休みが少ないことは事実です。

多くても年間休日数は108日ほど。

自動車メーカーだと年間135日です。

半月分ぐらい違う計算になりますね。

業種別の休日数ランキングを見ると明らかで、108日休めればまだいい方だとも言えます。

スクロールできます
順位業種年間休日数
1位コンビニエンスストア95.8
2位外食/レストラン96.0
3位芸能/芸術99.1
4位理容/美容/エステ105.0
5位放送108.2
6位専門店/小売店108.2
7位レジャー/アミューズメント108.3
8位ホテル/旅館108.8
9位建設設計109.1
10位ゼネコン/サブコン109.8

1位〜8位まで平日休みの業種が独占しているよ…。

平日休みの業種は、土日祝休みの業種よりも年間休日数が少ないのが実態です。

休みが少ない=負け組だと過剰に言う人がいるのでしょうね。

完全週休2日制の会社は4割ほど

完全週休2日制の会社にいたっては、全体の4割程度しかないのが現状です。

職業別に見ると

  • 技能職・作業職
  • 事務職・技術職
  • 経営者・管理職

など土日休みが多い職業ほど完全週休2日制が多いことがわかります。

平日休みが多い職業に完全週休2日制は少ないのが現実です。

だからと言って、完全週休2日じゃない=負け組とはならないですけどね。

完全週休2日制ならむしろ勝ち組

平日休みの業種でも完全週休2日制(毎週必ず2日の休日をどこかで取得できる)でホワイト企業ならむしろ勝ち組と言えるでしょう。

  • 土日は人が多くて満喫できない場所にいける
  • 2連休あれば旅行にも行ける
  • 土日に比べてサービス料が安い

土日の人混みが嫌すぎるよ…。

独身の人はむしろ完全週休2日制の平日休みの方が満喫できるかもしれませんね。

【平日休み最高】3つのメリットとは

ここでは平日休みが最高だと思える3つのメリットを紹介します。

それぞれ詳しく解説していきます。

役所、銀行、郵便局に困らない

役所、銀行、郵便局なんかは平日しか空いていないので、土日休みの場合は有給を取らないと利用できません。

それほど頻繁に利用することはないかもしれませんが、

  • 引っ越し
  • マイナンバーカード
  • 住宅ローン、自動車ローンの手続き

など意外と利用する機会があると思います。

平日休みの人は、時間を気にせず行けるのでかなり利用しやすいメリットがあります。

平日に銀行を利用した方が手数料がかからないのですしね。

ディズニーランドが空いている

ディズニーランド、ディズニーシー好きの人にとっては、圧倒的に平日休みの方が魅力的でしょう。

ディズニーランド ディズニーシー 混雑予想カレンダーを見ても平日と土日の混雑度がかなり違います。

2024年2月の入園料を比べると平日の方が断然安いですよね。

出典:東京ディズニーリゾート公式サイト

ディズニー好きなら土日休みよりも平日休みの方がお得ですよね。

旅行、レジャーが安い

旅行、レジャーの安さは平日休みの一番のメリットでしょう。

特に「土日」「お盆/ゴールデンウィーク/年末年始などの大型連休」は、一般的に旅行・ツアー代金が「数割〜2倍以上」になったりします。

同じサービスを受けているのに日によって値段が倍近く変わってくるわけですから、平日に旅行へ行った方が断然お得です。

まさに平日休みの醍醐味ですね。

  • 目的地へ行くまでの渋滞も少ない
  • 飛行機も安く利用できる
  • ホテルも大型連休の半分以下の値段で泊まれる
  • 混雑してないのでゆっくりと休暇を過ごせる

旅行好きにとって平日休みの恩恵は大きいですね。

平日休みが向いていない人の特徴

平日休みでも完全週休2日制の会社はあるし、旅行に行くにもレジャーをするにもコスパが良いので、人によってはかなりおすすめです。

しかし、平日休みが向いていない人も一定数います。

具体的に次の3つの特徴が当てはまる人です。

  • 結婚している(特に子供がいる)
  • 友人は土日休みが多い
  • 土日休みの恋人がいる

特に子供がいると学校行事やクラブ活動など見に行けないのは結構辛いと思います。

土日休みの恋人がいる人も時間が合わずすれ違うこともありますから辛い思いをするときもあるでしょう。

一方、独身で一人で過ごす方が好きな人は、平日休みの方が自由を感じるかもしれませんね。

やっぱり土日休みがいい!平日休みから転職する方法

平日休みのメリットもわかるけど、やっぱり土日休みがいいな…。

ここでは平日休みから土日休みの仕事へ転職する方法について解説します。

面談や面接を受けやすい平日休みの特権を最大限活用して、妥協せずに進めていきましょう。

転職したい業種を決める

まずは転職したい業種を決めましょう。

業種によって平日休みか土日休みか決まってくるケースが多いからです。

土日休みが多い業種平日休みが多い業種
公務員
一般的な会社員
事務職
経理
メーカー
商社
金融業界
IT業界
飲食店
ホテル・娯楽施設
美容・アパレル
配送業
冠婚葬祭
販売員

こんな感じですね。

例えば今営業職として働いているのであれば、土日休みの業種の営業職を転職先として決めればいいので。

業種は違っても職種が変わらなければ未経験とはならないですからね。

年収を気にしないのなら未経験の業界・職種に進むのも一つの選択です。

とにかくまずは、どの業種に転職したいのかを決めましょう。

転職エージェントに相談する

平日休みから土日祝に休みが取れる会社を探すなら転職エージェントに相談しましょう。

転職エージェントとは
  • 完全無料の転職支援サービス
  • 転職のプロが相談にのってくれる
  • あなたに合った優良企業を紹介してくれる
  • 転職サイトにない人気企業の求人がある
  • 書類のチェック、面接対策をしてくれる
  • 書類や面接の通過率を上げてくれる
  • 入社時期・条件の交渉をしてくれる

せっかく土日休みの会社へ転職したとしても、ブラック企業では意味がないです。

確実に土日休みのホワイト企業を探すなら、転職のプロに頼るのが一番ですよ。

専任のアドバイザーが希望にあった会社を紹介してくれるからね!

20代の若手なら、業界未経験でも転職できる企業はたくさんあります。

若手ほどポテンシャル採用をしてくれる確率は高いため、早めに転職エージェントに相談してみましょう。

おすすめの転職エージェント(PR含む)
  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • マイナビAGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    アドバイザーのサポートが手厚く、20代後半〜30代前半の転職に強い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!

まとめ

改めてお伝えすると、平日休み=やめとけはあまりに過剰です。

ちょっと言い過ぎだよね…。

  • 役所、銀行、郵便局に困らない
  • ディズニーランドが空いている
  • 旅行、レジャーが安い

など、平日休みにもメリットはあるからです。

完全週休二日制なら土日休みと変わらないですし。

ただし平日休みが向いていない人がいるのも事実。

  • 結婚している(特に子供がいる)
  • 友人は土日休みが多い
  • 土日休みの恋人がいる

上記特徴が当てはまる人は、平日休みの仕事を選ぶと悩むことが多いだろうし、ストレスも増えていくでしょう。

仕事が理由で家族や恋人とすれ違うのはつらいよね…。

やっぱり土日休みが良い!平日休みの仕事から転職したいという人は、

  • まずは転職したい業種を決める(探す)
  • 転職エージェントに相談する

上記手順で取り組んでみてください。

最後に、おすすめの転職エージェントを紹介して終わりたいと思います。

おすすめの転職エージェント(PR含む)
  • リクルートエージェント
    【公式】https://www.r-agent.com/
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • マイナビAGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    アドバイザーのサポートが手厚く、20代後半〜30代前半の転職に強い!
  • JACリクルートメント
    【公式】https://www.jac-recruitment.jp/
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!
  • ビズリーチ
    【公式】https://www.bizreach.jp/
    年収500万円以上を中心に高年収の求人が豊富!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次