【経験談】施工管理に向いていない人の特徴14選!失敗が続いでも気にするな!

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!
記事のまとめ

施工管理に向いていないな…」と、お悩みのあなたに読んでほしい記事です。

本記事では、施工管理に向いていない人の特徴14選チェックリスト形式で解説するとともに、向いていない場合の改善策おすすめの転職先をご紹介!

施工管理に向いていない理由をはっきりさせて、これからのキャリアを検討してみましょう。

 

施工管理に向いていないと感じる理由は人それぞれ

仕事量が多い、建築・建設に興味がもてない、CADが苦手、出張や転勤がいや…などなど。

ついていけないと思いながら、あと何十年も働き続けるのはつらいです。

 

「自分は施工管理に向いていないのかな・・・?」

「向いていなかったら施工管理をやめた方がいいのかな・・・?」

そんな悩みを持つ方に向けて、

本記事では、施工管理歴8年の僕の経験を元に「施工管理に向いているか・向いていないか」が判断できるチェックリストをまとめました。

  • もうちょっと施工管理で頑張るか・・
  • それとも施工管理をやめて転職を考えるか・・

一緒にキャリアを考えていきましょう!

 

重要なお知らせ!

施工管理に向いていないと思ったのは、特殊な業界そのものが原因じゃないですか?

上司のパワハラや残業が多いブラック企業で働いていたら、向いている仕事でもイヤになりますので。

もし、施工管理の経験やスキルを活かしてホワイト企業で働きたいって場合は、「転職エージェントに相談」してみましょう!

おすすめの転職エージェント

  • マイナビ AGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    20代・30代に信頼される転職エージェントNo.1!中小企業の求人量も多い!
  • リクルート AGENT
    【公式】
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • JAC リクルートメント
    【公式】
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!

 

 

目次

施工管理に向いていない人の特徴チェックリスト

あなたが本当に施工管理に向いていないのかどうか・・・

判断するためのチェックリストを用意しました。

 

本当に必要な14項目を選別。

「CADが苦手」「書類作成が苦手」とか大した問題ではないものは省いて本質のみを選定しています。

 

レベル4〜レベル1まで重要度が高い順に紹介しますので、どれだけ当てはまるかチェックしてみてくださいね。

当てはまる数だけ加点して【合計15ポイント】を超えると残念ながら「施工管理は向いていない」です。

では確認してみてくださいね。

 

■施工管理チェックリスト

 

【重要度レベル4】施工管理チェックリスト (4pt)

施工管理に向いていない特徴の重要度レベル4は以下の3つ。

  • ①自分で判断したくない
  • ②安全を軽視している
  • ③コミュニケーションを取りたくない

1つずつ深掘りしていきます。

 

①自分で判断したくない

自分で判断したくない人には正直施工管理はきびしいです。

 

施工管理は他の職業よりも1日に決断する回数が多く、

決断が遅れるとその後の工程まで影響する可能性があるから即断即決を求められます。

職人さんにここどうする?なんてしょっちゅう聞かれますよ。

 

大きいものだと契約の取り決めや安全対策、工程管理の方針、発注業務など後戻りできない決断もあります。

 

自分で判断したものが「間違っていて責任取るのが嫌だから」って理由で判断しない人もいますが・・・

そんな自己判断を避ける人は施工管理は向いていません。

 

②安全を軽視している

  • 危険なことを危険と感じる意識
  • 危険を予想する意識

など安全を軽視しがちな人は施工管理に向いていません。

理由は、建設業は危険に満ちていて一歩間違えると最悪の結末に至る辞退も起こりうるから。

 

ちょっとした軽い気持ちで横着したのが原因で「大事故につながる」そんな環境です。

安全を軽視していては施工管理の重要事項である「安全管理」が務まりません。

 

③コミュニケーションを取りたくない

施工管理をする上でコミュニケーションスキルは最も重要と言えるスキルです。

 

施工管理は専門知識が必要な技術職でありながら大勢のスタッフ、協力業者を取りまとめてプロジェクトを成功に導くマネジメントの側面も強いから。

 

プロジェクトを成功に導くためにはさまざまな職種の人たちと一つのチームにならないと上手く進まないので

職人さん、協力業者、建築スタッフとの日常的なコミュニケーションが必要になってきます。

 

もちろん喋るのが苦手なのは仕方がないですが、

  • 仕事だと割り切ってコミュニケーションを取る人
  • 仕事でも無理だからと完全にシャットダウンする人

では圧倒的に違います。

コミュニケーションを取る気がない人は「施工管理は向いていない」です。

 

【重要度レベル3】施工管理チェックリスト (3pt)

続いて施工管理に向いていない特徴の重要度レベル3は以下の3つ。

  • ④プライベートを充実させたい
  • ⑤関係業者に対して礼儀がない
  • ⑥自分の意見を持たない人

1つずつ深掘りしていきます。

 

④プライベートを充実させたい

仕事もするけどそれより「プライベートを充実させたい」

ワークライフバランスですね。気持ちはわかります・・・

残念ながらプライベートを充実させたいって人は施工管理に向いていないです。

 

まず施工管理をやっているとプライベートを充実できるほどの時間的余裕がないから。

週6日で7:00〜24:00、日曜日も出勤。残業月200時間とかの世界です。

 

自分の時間を取りたくても家に着いたら24時を回っている・・・

こんな状況でプライベートを充実させるなんて不可能ですよね。

 

⑤関係業者に対して礼儀がない

施工管理をする上で礼儀がない人はかなり仕事がやりにくいです。

どの仕事も当たり前のことですが・・・

 

特に施工管理は礼儀が大切です。

なぜなら職人さんや関係業者のほとんどが年上だから。

しかもゴリゴリ体育会系の人も。

 

施工管理はそんな方々に対して指示を出して動いてもらうことが仕事の一つです。

口先だけで「あれやってください」「これやってください」と指示するだけだと上手く進んでいきません。

 

現場のさまざまな人たちと上手く付き合っていくのも仕事。

礼儀を重んじる気持ちがない人は施工管理は向いてないですね。

 

⑥自分の意見を持たない人

自分の意見を持たない人は「施工管理に向いていない」です。

 

基本職人さんはせっかちです。

  • 「ここどうやって納める?」
  • 「どんな順番で工程を進める?」

と良く職人さんに聞かれることですが、その度に

  • 「グループリーダーに確認してきます」

と言ってるとその内職人さんから相手にされなくなります。

 

  • 今すぐ答えが欲しいのに
  • 今すぐ結論を出して進めないと間に合わないのに

「確認するんで待ってください」って言葉は職人さんの作業を止めることにつながります。

 

自分の意見がない人は「自分が責任を取りたくない人」によく見られる傾向です。

自分の意見を言って失敗したら「責任を取らないといけない」だから自分の意見を持てない・・

 

自分の意見を持ってちゃんと指示をしていれば職人さんは信頼を持って接してくれますよ。

 

【重要度レベル2】施工管理チェックリスト (2pt)

続いて施工管理に向いていない特徴の重要度レベル2は以下の4つ。

  • ⑦施工管理は「ものづくり」の仕事だと思っている
  • ⑧理不尽に敏感な人
  • ⑨スケジュールを管理するのが苦手
  • ⑩マルチタスクをこなす気力のない人

1つずつ深掘りしていきます。

 

⑦施工管理は「ものづくり」の仕事だと思っている

よくある勘違いですが

  • 施工管理は「ものづくりの仕事」ではなく
  • 「ものづくり」を計画してマネジメントする仕事

 

施工管理はものづくりの仕事ではありません。

建物を造っていますが、

  • 実際にコンクリートを造って
  • おしゃれな内装を造って
  • 電気を通して
  • 明かりを点けていく

のは職人さんの仕事で、施工管理がやるのはいろんな作業の点と点を繋げていくマネジメントです。

 

建築工事の管理をするわけですから、どちらかというと中間管理職の仕事に近い。

  • 会社
  • 施主(お客さん)
  • 職人さん

との間に立ってお互いの意見を聞きながら仕事をすることは想像以上にきついです。

「ものづくり」じゃなくて「マネジメント」をしている意識がないときびしいですね。

 

⑧理不尽に敏感な人

理不尽なことに敏感に反応する人は施工管理に向いていないですね。

施工管理は「理不尽が日常茶飯事」です。

 

よくある例として

  • 先輩が担当している工種なのに後輩の自分が職人さんに怒られる
  • 近隣から急にクレームをつけられる
  • 青天井で残業がつけられないから仕方なくサービス残業する
  • 上司に強制参加の飲み会に誘われる

などなど本当に理不尽なことだらけなので毎回反応して真に受けると身が持ちません。

 

理不尽なことを言われても受け流すぐらいの気持ちがないと施工管理は向いていないですね。

 

⑨スケジュールを管理するのが苦手

施工管理はスケジュール管理、いわゆる段取りが非常に大切な要素です。

 

現場は引き渡し日までどんどん進んてきます。

その中で

  • 発注納期
  • 業者手配
  • 施工図面
  • 施工計画
  • 取り合い調整
  • 意匠設計
  • 工程管理

などをタイムリミットまでに着々とこなしていく必要があります。

 

いつまでに何をやるべきか・・優先順位を自分で決めて自発的に動いていかないと後で取り返しのつかない事態に発展します。

スケジュール管理、段取り業が苦手な人は施工管理に向いていないです。

 

⑩マルチタスクをこなす気力がない人

施工管理はとにかく業務量が多いです。

 

今日中に施工図を仕上げないといけないのに

  • 現場の職人さんから今すぐ解決しないといけない電話がかかってくる
  • 急な打ち合わせが入ってくる

など一つのことに集中できるような環境ではありません。

 

とにかく忙しい中マルチタスクで仕事をこなしていく気力がないとどんどん仕事が溜まっていきます。

一つのことをコツコツタイプの人は施工管理に向いていないです。

あわせて読みたい
【社畜バンザイ!】施工管理って激務?施工管理歴10年が真実を伝えます   こんな方に向けて書いています。   一応、施工管理にも働き方改革の波は来ていて国土交通省によると2024年を境に目に下記の項目が規定されます。 2024年問...

 

【重要度レベル1】施工管理チェックリスト (1pt)

続いて施工管理に向いていない特徴の重要度レベル1は以下の4つ。

  • ⑪過去を引きずるタイプの人
  • ⑫想定外のことでパニックになりやすい
  • ⑬体力がない
  • ⑭体育会的なノリが苦手な人

1つずつ深掘りしていきます。

 

⑪過去を引きずるタイプの人

施工管理を長くやっていると結構失敗するし、本気で怒られることがあります。

 

でも過去の失敗や苦い経験を引きずるような人は施工管理はやっていけません。

今の仕事が忙しすぎて引きずってる暇じゃないから。

 

人間ですから膨大な業務の中で発注間違いや図面の間違いはつきものです。

失敗した後いかに挽回するかが大事で、毎回引きずってモチベーションが下がるようでは施工管理は向いていないですね。

 

⑫想定外のことでパニックになりやすい

現場は想定外の連続。

何事もなく順調に進んでいくわけがないと思うべきです。

 

よくある例として

  • 事前に指摘していた箇所が施工されてない
  • 今日入る予定の資材が入ってこない
  • 発注をかけたら大幅に納期がかかる
  • 急遽明日に作業が必要になったけど職人さんの予定が合わない

などその都度起こる事態に対して冷静に対処していく必要があるからです。

 

想定外の事態が起きて、その度にパニックになっていては現場は上手く進んでいきません。

何が起きてもドンと構えておくメンタルが大切です。

 

⑬体力がない

現場をやってるとめちゃくちゃ歩きます

多い時で1日2万歩以上なんて日も・・・

 

特に高層ビルとかタワーマンションとかマジで地獄で・・

エレベーターがない時期は20階、30階でも階段で上がるしかないので体力がないと体が持ちません。

 

1日中現場の中を歩き回って夕方から事務所で書類作り。

そんな毎日をこなしていくためにも体力がないと続きませんね。

 

⑭体育会的なノリが苦手な人

令和になった今でもなんだかんだ現場の人は体育会系の人が多いので・・

体育会的なノリが苦手な人は向いていないですね。

 

飲み会も多いし、なぜか声がでかい人の意見がよく通るし・・・

体育会的なノリは絶対にNGって人は「施工管理は合わない」です。

あわせて読みたい
【経験者が語る】施工管理のつらい実態29選!メリットと向いている人の特徴とは!?   今回はこんな疑問に答えていきます。   施工管理の転職を考えたときにネガティブな情報が多くて施工管理への転職を諦めようとはしていませんか? たしかに...

 

■施工管理チェックリスト

 

あなたは上記チェックリストにどれだけ当てはまりましたか?

当てはまる数だけ加点して【合計15ポイント】を超えると残念ながら「施工管理は向いていない」です。

 

向いていない人の特徴に当てはまった時の4つの改善策

  • 向いていない人の特徴チェックリストで15ポイントを超えた・・・
  • 重要度レベル4の特徴すべて当てはまった・・・

もし、施工管理に向いていない人の特徴チェックリストで15ポイントを超えたとしてもまだ改善の余地は残っていますよ。

 

現状を変えたい気持ちがあるなら明日から実践してみましょう。

8年間施工管理をやってきて大型現場や所長も経験した僕が実践してきたことなので、ぜひ参考にしてくださいね!

 

一服の時間を雑談に使う

グループリーダーや工事所長、協力業者の職長さん達と日頃からコミュニケーションを取ることで大抵の問題が事前解決できてしまいます。

 

コミュニケーションスキルは現場では最も重要なスキルの一つです。その理由は、

  • 職長と関係を構築することで現場状況の把握
  • プロから学ぶことで技術面、知識面の成長ができる
  • 工事所長と関係構築により作業所内で意見を言いやすくなる

など上記3つの絶大な効果が得られるから。

 

一言、二言だけでも「おしゃべり」することで大きく違ってきますよ。

 

小さな意思決定を積み重ねる

どんなに小さくても自己責任で意思決定を行うことが大切です。

 

どれだけ場数を踏んだとしても自分で考えて判断しない限り成長はできません。

時に自己責任というプレッシャーを感じることが重要で。

 

判断が間違っていても誠実に誤って軌道修正すればいいだけ。

小さな意思決定の積み上げがあなたの体に刻まれていくわけです。

 

意思決定を重ねていくことで知識が増え経験値が上がっていき価値も高まっていきます。

 

失敗が続くから向いていないは勘違い

「失敗が続いてしまう」と「仕事に向いていない」はイコールじゃありません。

失敗にも色んな失敗があって、例えば

  • 単純なエクセルの入力ミス
  • CAD上の寸法記載ミス
  • 発注ミス

などの単純なものについては忙しすぎて集中できていないのが原因です。

 

施工管理はマルチタスクでこなさないと終わらないほどの仕事量があるわけで。

失敗してしまうものです。

 

失敗したものはしょうがないと受け止めて、どうやって取り戻すかを考えるのです。

 

仕事がキツ過ぎと感じるなら辞めるのも手段

「施工管理の仕事がきつすぎてやっていけそうにない・・・。」

と感じるなら転職を選ぶのも手段ですが、

そこで一つ問題があって・・・

「仕事が忙しすぎて」転職活動すら行えないという事態に陥ってしまっているということ。

僕も毎月160時間以上残業している時期は忙しすぎて転職活動なんてできなかったです。

 

そんなキツすぎて耐えられないけど忙しすぎて何もできないスパイラルにハマってしまっている時は先に辞めてしまうのも一つの手段です。

 

退職後は失業保険をもらいながら転職活動をすればいいですし。

国の救済処置はすべての国民が使う権利を持っているわけですから。

仕事がキツ過ぎるなら無理に続ける必要はないですよ。

あわせて読みたい
施工管理を辞めたい!どうすればいい…?おすすめの転職先やスムーズな辞め方とは!?   こんな感じで、施工管理の職についたことを後悔しながら辛い日々を過ごしているんじゃないでしょうか?   いきなり結論からお伝えします。 「施工管理を辞...

 

【やること多すぎ】施工管理がきつい理由

施工管理を8年経験してきてこれだけは断言できますが、「施工管理はとにかくきつい仕事」です。

いつも工期の終盤あたりで「やること多すぎ!」って思いますよ。

 

僕が経験して感じた施工管理がきつい理由は主に8つあって

  • 施工管理には休みがない
  • 業務量が多すぎる
  • 超長時間労働
  • 板ばさみの立場
  • 転勤・単身赴任
  • 給料が割りに合わない
  • マルチタスクすぎる
  • 忙しい中で資格を取らないといけない

実際に仕事をしてて施工管理の業務をこなすことができる人は

大抵の仕事はできるんじゃないかと思うぐらいです。

 

でも、実は「ジャンルを選べば意外と楽かも」な施工管理もあるんですよ。

施工管理の中での仕事のきつさは、

  • 工事範囲の広さ
  • 会社の立ち位置

によって大きく変わります。

詳しくは、「実は施工管理って意外と楽な仕事?職種ごとの特徴と楽な順番とは!?」で解説しているので参考にしてみてください。

 

施工管理が向いている人に見られる特徴

  • 業務内容がマルチタスクで
  • コミュニケーションスキルが必要で
  • 労働時間も長い

そんな施工管理に向いている人にはどんな特徴があるのか・・・

 

僕が8年間施工管理を経験した中で実際にバリバリ回してる人は次の3つのタイプが多いです。

  • 自分に自信を持っている
  • 少々のことではクヨクヨしない
  •  飲み会では率先して盛り上げるタイプ

まず大前提として自分に自信を持っている人が多く、明らか間違ったことを言っていても自信満々なのでそれらしく聞こえます。

そんな自信家の人ほど少々間違っていようと、失敗しようとクヨクヨしません

 

さらに飲み会では率先して盛り上げるタイプなので周りの職長から気に入られます。

 

上記3つの特徴タイプの人は、

  • 職人から信頼されることで色んな情報を得て知識が増え
  • 多少の無理難題でも話を聞いてくれる

といったメリットを得ています。

人たらしな感じでおっさん達から気に入られるキャラクターが多い気がしますね。

本人の性格もあるのであまり再現性はないですね・・・

 

施工管理に向いていなかった人の転職先

施工管理に向いていないと感じながら働き続けるのは大変です。

施工管理の経験を活かせる職種や、優良企業はたくさんあるので、この機会に転職を考えましょう。

 

施工管理からの転職先のおすすめは、次の5つです。

  • デベロッパー
  • 不動産業界
  • 電力会社
  • 公務員
  • 建材メーカーの営業

本気で施工管理からの転職先についてもっと知りたい方は「施工管理から転職したい!おすすめの転職先9選【経験を活かした転職のコツ】」をご覧ください。

あわせて読みたい
施工管理からのおすすめ転職先7選を解説!経験を活かしてキャリアアップへ!     こういった悩みや問題を抱えて、施工管理から異業種への転職を考えている人もいると思います。   僕も施工管理を8年経験してきましたが、 いわゆる...

 

未経験の新しい職種にチャレンジしたいなら、若いうちに転職すべきです。

「どんな仕事があっているのか?」「どんな会社があるのか?」については転職エージェントに相談するのがおすすめ。

 

希望に応じて、以下の転職エージェントに登録してみてくださいね!

おすすめの転職エージェント

  • マイナビ AGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    20代・30代に信頼される転職エージェントNo.1!中小企業の求人量も多い!
  • リクルート AGENT
    【公式】
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • JAC リクルートメント
    【公式】
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!

 

まとめ

今回は、【経験談】施工管理に向いていない人の特徴14選!失敗が続いでも気にするな!についてまとめました。

 

  • 施工管理に向いていない特徴に当てはまっても
  • 失敗が続いて自信をなくしても

向いていないと決めつける必要はありません。

 

だだし、施工管理に向いていないと感じながら続けるものしんどいですよね・・。

限界まで無理に続けなくても

  • デベロッパー
  • 不動産業界
  • 電力会社

など施工管理の経験を活かせる職種は色々あるので優良企業に転職する道もありますから。

施工管理の経験は職業選択が増えるので決して無駄ではないですよ!
おすすめの転職エージェント

  • マイナビ AGENT
    【公式】https://mynavi-agent.jp/
    20代・30代に信頼される転職エージェントNo.1!中小企業の求人量も多い!
  • リクルート AGENT
    【公式】
    総求人数圧倒的第1位!20代後半〜30代以上向けの求人が多い!
  • JAC リクルートメント
    【公式】
    コンサルタントの質が高く、質の高いハイキャリア案件が圧倒的に多い!

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次